薦田典佳| ビジネスマンが知っておきたい課題発見力

薦田典佳| ビジネスマンが知っておきたい課題発見力

ビジネスマンとして、もっておきたい能力の1つには「課題発見力」というものがあります。

これは情報を活用する以前の、今現在ある課題をいかにして見つけていくかという能力です。

実は仕事というものは、常にこの課題をみつけ、改善、解決していくことを求められています。特に昇進して管理職になればなるほど、ビジネスの上での課題発見、現状分析、改善の3つの能力が必要になります。

この能力なくしては、ただ漠然と情報を収集だけにとどまってしまいます。

ビジネスパーソンとして、できる人材になるのであれば、課題解決についての発見、見つけたも知っておいて損はありません。

ビジネスで課題をどう見つけていくか

課題の見つけ方とは、まず課題とはなんであるかを理解しましょう。

簡単に説明すると、課題は「あるべき姿」と「現実」のギャップのことをいいます。このギャップを埋めていくことが課題を解決することにつながります。

まずはあるべき姿と、現実のギャップを見つけることに意識を向けていきましょう。このギャップをみつけることで「課題発見力」を鍛える事ができます。

課題の見つけ方の例

例えば、営業の仕事をしているAさんの課題の見つけ方を紹介します。Aさんは営業課長で、業績目標について悩んでいました。

課題を見つけ出して、解決策を提案するように部長から命令されてしまったとき、Aさんはどうすればよいのでしょうか?

まずは、会社としてAさんの部署に望まれていることと、現状の2つの観点から分析を行います。

会社が望んでいること

  1. 下半期の売上を前年度より135%向上させる
  2. 人件費を10%削減させる
  3. 新規のサービスを展開させる

現状の分析

  1. 人件費は削れていない
  2. 売上は85%しか達成していない
  3. 新サービスは、具体的な開発要件に達していない

課題とは、この現状と、望むことのギャップです。ギャップを見つけると自ずと課題も浮き彫りになります。

ただし、ギャップの影に本質的な課題が隠れている場合もあります。

例えば「新サービスは具体的な開発要件に達していない」という課題に対して、仮説として「プロジェクトをまとめる人材がいないから」なのか「開発する費用がないから」では課題が変わってきます。

単純にギャップをのままが「課題」であるわけではないので注意しましょう。
この場合、分析した結果Aさんの課題は以下となりました。

  1. 人件費を削れていない  
  2. 売上が伸び悩んでいる
  3. 新サービスのプロジェクトを取りまとめる人間がいない

このように3つの課題が浮かび上がることで、続いて課題に向けてどのような解決方法があるかの議論にステージを移すことができるようになるのです。

つまり課題発見力を高めるためには、現状分析の能力も必要となります。

課題発見の後に仮説を立てる

課題を見つけたら、解決のために仮説を立てましょう。

人件費を削れていない仮説

業務の効率化ができていないため、残業が多いのではないか?

売上が伸び悩んでいる仮説

  1. チームのモチベーションが低下しているのではないか?
  2. 製品説明のための営業知識が不足しているのではないか?

新サービスのプロジェクトを取りまとめる人間がいない仮説

  1. プロジェクトをまとめる能力のある人材をオファーできていないのではないか?
  2. 現在の担当者には荷が重かったのではないか?

このようにみつけた課題に対して、仮説を立てて検証をしていくというプロセスを通すことで、望んでいることとのギャップにたいして、具体的にどのように次のアクションを取ればよいのかがわかります。
問題発見力、問題解決力はこの流れに当てはめて物事を考えることで、大きく向上していきます。

ビジネスで上の立場の人材になるためには、問題解決のための能力もアップさせていきましょう!

薦田典佳| ビジネスマンが知っておきたい情報力とは

情報を収集する能力だけが「情報力」ではありません。

具体的にいえば、集めた情報をどう利用していくか、ということに情報を使いこなす能力が「情報力」です。

起業をしたい、ビジネスパーソンとして間口を広げたいなど、「課題」を解決するために情報を使いましょう。

情報の活用ができてこそ、ビジネスのチャンスが広がります。情報は持っているだけでは生かせない場合が多いのです。

情報はただ収集するだけではなく、情報を使って活かしていくプロセスをつねに自分の中で持つようにしていきましょう。

情報力を上げるためのプロセスを知る

情報力をアップするためには以下のプロセスを意識しましょう。

課題を定義する

まずは情報収集のための、課題を定義します。

例えば「ホームページの売上が低下しているため改善の必要がある」というような課題を定義します。

情報収集をする

まずは、目的、問題、課題に対しての関連する情報を集めていきましょう。

例えば自社のホームページを経由しての売り上げが落ちてきた場合どのようにこの課題を解決するかのための、材料としての情報を収集します。

毎月の購入件数、ホームページの来訪者数、リピーター率、客単価などなど、「ホームページの売上を改善する」という課題に関連する全ての情報を集めます。

または市場調査やブームや流行などの調査も加えます。

情報の分析をする

集めた情報の分析をします。

例えば、先月は客単価が高かったのに、今月は低いとか、先月は来訪者が○件多かったのに、今月は来訪者が激変してマイナス○件だなどの、分析です。

数字的な観点や、それ以外の所見で集めた情報をさらに分析します。

情報の仮説を立てる

情報をもとに、課題に対しての仮説を立てます。

例えば、「どうして今月は売上がわるいのか」という疑問に対して、分析した結果わかったことで仮説を立てます。

「目玉商品の在庫切れがあったため、売上が落ちたのではないか?」だとか「Googleの広告を先月は行っていたが、今月はやっていないので来訪者が減少したのではないか?」という仮説です。

仮説をもとに検証する

仮説を検証し、確かめます。

例えば、「広告をもう一度出してみて、同じような売上になるか検証する」であったり「目玉商品の在庫を入荷し、売上が上がるか検証する」などの方法です。
このように情報というのは常に1つのサイクルで動かしていきます。

  1. 課題定義
  2. 情報の収集
  3. 情報の分析
  4. 情報をもとにした仮説
  5. 仮説の検証

情報力というのは、このPDCAサイクルを回せる能力を有しているということでもあります。

薦田典佳| ビジネスマンの情報収集と時間意識

世の中のことを知ろうとしたとき、スマートホンを使用したニュースサイトチェックはとても楽に感じられます。

ですが、貴方はどのような時間を使って情報収集をしていますか?

自分自身の時間の使い方に意識を向けたことはありますか。

情報収集はスキマ時間を活用するのがおすすめです。その理由はビジネスパーソンにとって最も重要なのが「時間」だからです。

時間はどんなに稼いでも二度と取り戻せない

例えば株で損失を1000万出してしまった場合。安心してください。お金はどんなに損失を出しても必ず戻ってくるチャンスはあります。

ですが、時間というものは一度浪費してしまうと二度と取り戻すことのできない貴重なものです。

ビジネスパーソンとして、意欲的に活動している方や起業家などはこのことを身にしみて理解しています。一番大切なのは時間なのだと。

だからこそ、世の中で大切なのはお金ではなく、いかに有効に時間を使うかということになります。

情報収集を常日頃からして、ビジネスに役立つ知識を身につけたいとお考えの皆さんは、まずは自分自身の時間の使い方について意識してみましょう。

時間を有効に情報収集するなら「時間制限」を儲けること

だらだらと家でベッドに寝そべりながらネットニュースを見る。

一見、情報収集に余念がないように見えますがこのような時間の使い方は実はNG。

その時間を使って、勉強会に参加したり、ジムで一汗を流してリフレッシュするような「生きた」時間の使い方のほうがはるかにおすすめです。

情報収集や知見を深めるためにスマートホンばかり見ていても意味はないのです。

できるビジネスマン、ビジネスウーマンはこの情報収集の時間もきっちりルールをきめています。

  • スマホでのサーチは朝の通勤時間と決めている
  • ネットニュース閲覧は1日1時間だけと決めている

このように自分自身をセルフコントロールできる人こそ、成功していく人間なのです。
時間を決めることで、だらだらと無為な時間を浪費することができなくなります。

限られた時間で意欲的に有効な情報を収集しようと集中することもできるため、一石二鳥なのです。

最初から決められた時間内でマイルールを定めることで、貴方はメリハリのついた日常を送る事ができるようになります。

もし今現在貴方が、スマートホンを見る時間を制限していないのであれば、もう少し時間の使い方の意識を持つようにしてみてください。

薦田典佳| ビジネスマンの情報収集・センスの良い人のセンスって?

あの人はセンスがいい。この人はセンスが悪い。

そのように人が言っているのを聞いたり、自分自身のセンスを磨きたいと考えている方もいらっしゃると思います。

この「センスの良い」「センスが悪い」というのは、持って生まれた才能ではありません。

実は「情報」を持ってるか、持っていないかの違いでしかないのです。

センスの良い人は、沢山の情報の中から取捨選択をしているだけ

贈り物を1つ選ぶにしても、センスの良い人と悪い人がいます。

出来るビジネスパーソンであれば、贈り物や、飲み会の店の選び方まで「あの人センスがいいね」と言われて好評。

一方でセンスの悪いビジネスマンは今一つ「できない人」の烙印を押されてしまいがちです。

ビジネスパーソンとしてのし上がるためには、自分のセンス磨きも大切です。

それではこのセンス、どうやって磨けばいいのでしょうか?

それは実はとても簡単なことです。沢山の情報にアンテナを張り、その情報の中からチョイスするだけなのです。

センスが良い男、センスが良い女になるためには、このような情報のポイントを絞って収集しましょう。

流行の情報をあつめる

流行になっているものをいち早く取り入れるということは、センスの良い人間にとってはとても重要なこと。

いま流行になっているものが度の様なものなのか、ニュースや雑誌、SNSなどで取得していきましょう。

話題になっている情報にアンテナを張る

流行になっているものに近しいですが、今話題になっているフレッシュなものは何なのかをリサーチしましょう。

飲み会の店をチョイスするときに、今流行になっている話題の店などを選ぶと、異性に喜ばれやすく「センスがよい」と思われます。

相手が必要としているものをリサーチする

そして最後に、一番重要なのがこれ。

会社の飲み会の店選びで重要なのが「ワイワイ楽しめること」「好き嫌いがある人でも食べられるものがあること」「盛り上がっても気にならない場所」などの情報。

また、好みの女性にプレゼントをするのであれば、「相手が興味をもっているもの」「相手の好み」「相手が気になっているもの」などの情報収集が大切です。
センスが良い人というのは、これらの沢山の情報の中から最適なものをチョイスしているだけにすぎません。

一方でセンスが悪いといわれている人は、全く情報収集をしておらず、自分の知っている価値観の中でしか物事を選択できていないのが原因です。
あいつはセンスがいい、と人から言われるビジネスパーソンになるためには、一見仕事には関係のないような情報でも意欲的に収集して、ぜひ皆さん「センスの良い人」になっていきましょう。

薦田典佳| ビジネスマンの情報収集とフェイクニュース

ビジネスマンとして知っておきたい情報力の一つに、フェイクニュースを見抜いていくことがあります。

そもそもフェイクニュースは何のために存在しているのでしょうか?

フェイクニュースの目的とは?

フェイクニュースを作る人にはこのような意図があります。

バズらせて広告収入を目的としている

フェイクニュースの多くはショッキングな内容や、話題性がある内容になっています。

そのため多くの人の興味を引き、ニュースサイトの閲覧が伸びます。

それによって広告収入が多く入るため、フェイクニュースで騙してホームページの来訪者を増やしています。

広告収入というメリットがあるため、フェイクニュースは作られます。

政治的な意図で、印象操作として利用

アメリカなどではフェイクニュースは政治的な用途で用いられることが多いようです。

例えば意図的に印象操作をし、大統領選で有利になるように相手の敵陣営のフェイクニュースを流したりです。

トランプ大統領などは自分の不都合な発言などを「フェイクニュースである」と発言することもあり、フェイクニュースは政治的な意図で拡散される場合があります。

反応が欲しい・いたずら目的

SNSなどで爆発的に拡散されることを喜びとする承認欲求を満たすためにフェイクニュースを作る人もいます。

反応してもらうことで精神的に満足感を得ているのです。

フェイクニュースはすべて意図的に拡散を目的として生まれてきます。

日々SNSや新聞を読んでいても、その記事がフェイクである可能性があることを忘れてはいけません。

フェイクニュースに騙されない大人になろう

フェイクニュースに騙されない大人になるために必要なポイントは以下のとおり。

  1. 自分だけは大丈夫だと思う
  2. 絶対に騙されるはずがないという思い込みを捨てる

フェイクニュースの多くはもっともらしく、ありえるような情報です。そのため、最初から自分は絶対に騙されないと思っている人ほどあっさりと騙される傾向に。

今の時代どのように精密な映像や画像も、加工をして事実と歪めることは可能です。

  1. 情報源が信用できるか確認する
  2. 根拠が示されているか確認する
  3. 複数のメディアで確認する

この3つのポイントを意識しておくことで、フェイクニュースに踊らされない大人になることが可能になります。

薦田典佳 | ビジネスマンの情報収集におすすめなWEBメディア5選

ビジネスマンなら読んでおいても損はない、情報収集のためのウェブメディアをご紹介します。

あらゆる情報をキャッチしておきたいビジネスマンにおすすめな、通勤時間を使って手軽に収集できるウェブメディアです。

ビジネスパーソンとして読んでおきたいメディア5選

日経電子版

日本経済新聞の電子版です。今の日本経済の大きな流れを網羅的にチェックが可能。

経済にとどまらず、国際情勢、政治、マーケットなども把握ができます。

無料会員と有料会員がありますが、家でなんとなく付き合いで新聞を取るくらいなら日経電子版の有料会員のほうがはるかにビジネスパーソンにはおすすめできます。

公式サイト

https://www.nikkei.com/

費用 4200円(月額)

日経ビジネスオンライン

経営や経済に絞ったオンラインウェブメディア。起業家になるためのアイディアの宝庫になりえるウェブメディアです。

公式サイト

https://business.nikkei.com/

費用 2500円(月額)

ダイアモンド・オンライン

ダイアモンド社によるウェブマガジン。ビジネスパーソンにとって有効な旬な情報を掲載しています。時事ニュースからコラムまで、今の話題を網羅できます。

公式サイト

https://diamond.jp/

費用 1800円(月額)

プレジデント・オンライン

ビジネス雑誌でもあるプレジデントによって運営されているウェブメディア。ビジネス、経済、キャリア、マネーなどビジネスパーソンにとって知っておきたい情報が満載。

プレジデントをよく読まれる方におすすめです。

公式サイト

https://president.jp/

費用 無料(会員登録のみ)

現代ビジネス

講談社によって運営される、ビジネスパーソンのためのウェブメディア。連載、コラムなども充実しており、無料ですべての記事を閲覧できる。

公式サイト

https://gendai.ismedia.jp/

費用 無料

 

情報収集は複数のメディアをザッピングすること

情報収集する際に、必ず1つのメディアに縛られないことが大切。

その理由は、メディアには必ず編集をする人間がいて、その編集長の権限や思想に影響を受けるためです。

公平な立場のメディアというのはどうしてもありません。必ずカラーが出てきます。だからこそ複数のメディアを網羅的に見ることで、それらのフィルターをとっぱらって自分自身で判断できるようにしましょう。

薦田典佳| ビジネスマンの情報収集・効率の良い情報収集法とは

情報収集能力を向上するためには「すばやさ」や「要点を把握」する能力も大切です。

情報の多くは鮮度が大切。一週間前の話題になった情報は、ビジネスには生かせません。

また、タピオカが昨今ブームですが、今からタピオカで稼ごう!と思っても遅すぎます。

ビジネスチャンスをつかむためには、まだブームの兆しのタイミングで情報を掴んで行動しなくては「お金」にはならないのです。

鮮度のある情報をつかむためには、常に情報のアンテナを張り巡らさなくてはいけません。

すばやく、深く情報を集める事、また情報の正確さが大切です。

得たい情報に合わせたツールを活用する

情報収集の手段として使用できるツールは以下のものがあります。

Google検索

ニュースサイトのほか、必要な情報にマッチするキーワードで情報を素早くキャッチできる。ただし検索でヒットする情報は玉石混合のため情報の精査や取捨選択が必要に。

SNS

生の声や、速報性のある情報を得られる。深い知識を持った専門家をフォローすれば、Googleでは見つけられない情報と出会う可能性も。

ただし信用性、信頼性の見極めが大切。

書籍

より専門性の高い情報を得る事が可能。Google、SNSでは得られない情報の深堀に使用する。

図書館などを活用すれば、多くの情報を収集できる。ネックなのが情報の鮮度。その内容が後期には覆されている場合などもあるため、最新の情報と合わせて確認するのがベター。

セミナー・勉強会

ある程度の興味に絞った分野のコミュニティに属するのであれば、リアルな勉強会などが最も効率が良い。情報の速さ、鮮度はないものの、深く知識を得るためには有効な手段。
これらの情報源には、カラーともいえる特徴があります。その特徴を理解したうえで自分が必要とする情報を探す際にマッチしたものをチョイスできるようになるのが大切です。

薦田典佳| ビジネスマンの情報収集・情報の取捨選択方法

情報過多のこの時代、自分にとって必要な情報とそうではない情報の取捨選択は非常に重要。

ビジネスパーソンとして、その情報が必要なものか、正しいものかを見抜いていく力が必要です。

昨今ではフェイクニュースといって、あたかも真実であるかのようにゆがめられたフェイク情報に踊らされてしまう人が多いです。

ニュースやテレビで言っている事、新聞に書かれている事も真実とは限りません。ましてやネットに書かれている事も疑ってみる視点が必要です。

大人としてフェイクニュースに踊らされないためにも、情報を取捨選択する能力がビジネスパーソンには必要な時代になっています。

情報の取捨選択の5か条

まずは情報の本質を見抜くために、5つの視点を持ってその情報を精査する癖を身に着けてください。

  1. 要点は何かを理解する
  2. 妥当性があるかを理解する
  3. 信頼性があるのかを探る
  4. 実用的な価値について考える
  5. 自分の目的と合致しているか考える

この5つの視点がポイントです。

要点は何かを理解する

その情報の要点を見極める事が一番大切。長々とした情報が何を言いたいのか、要点をまとめる癖をつけましょう

例として
ビジネスパーソンとして必要なのは、読解力とコミュニケーション能力である。それが出来ない場合~
のような長い記事がある場合、要点は「読解力」「コミュニケーション」の2点が要点であると理解します。

そのポイントのみに集中し、そのほかの修飾文字などは切り捨てる事で不要な情報を脳にためずにすみます。要点を把握する事で理解力も高まります。

妥当性があるかを理解する

妥当性というのは、「ありえること」とも言い換えられます。

つまりありえないような情報ではないか、妥当性があるか判断します。

妥当性の調べ方は簡単です。その情報の根源でもある「ソース」を確認すること。

誰かが言っていた、偉い人が言っていた、ニュースが言っていた、というように思考停止せずに、ソースを確認しましょう。

信頼性があるのかを探る

続いてそのソースをうたがいましょう。

例えば、情報の妥当性を証明するソースが、「虚構新聞」や「フェイクニュース」の場合もあります。

公的な機関の情報であれば信頼性は高いですが、個人の発言や、誰がかいたか分からないようなSNSの場合は信頼性に疑いを持ちましょう。

実用的な価値について考える

その情報に実用的な価値があるかどうか、自分にとって役にたつかの観点も大切です。

自分にとってその情報からどのようなものが得られるのか、という観点で常に考える事で、仕事に役立つアイディアにつながる場合もあります。

自分の目的と合致しているか考える

ただぼんやりとSNSやニュースを見ていても意味はありません。

自分が知りたいこと、必要とすること、目的を持って情報を収取することが大切です。

情報の取捨選択をするのであれば、自分の目的と合致していない情報は切り捨てていくという判断をしていきましょう。

情報の多いこの時代は、簡単に、様々な情報が手に入れられます。

一方でフェイクニュースや、事実をゆがめた報道なども跋扈しており、自分自身でその情報が正しいかを見抜いていく力が必要です。

出来るビジネスパーソンとして活躍したい皆さんは、正しい情報の取捨選択を行い、フェイクに踊らされないようにしていってください。

薦田典佳| ビジネスマンの情報収集・リアルのコミュニティに所属する

営業や広告など企業業界や業種にかかわらず、ビジネスマンとして大成したり、企業をして成功をする人の多くは情報ツウです。

一見して仕事と関係のないような知識でも、営業先での顧客とのコミュニケーションに役立ったり、起業をする際のアイディアになったり。

情報というのはたくさん収集すればするほど、自分の中で知識として蓄積されていきます。

出来るビジネスマンを目指したい新卒者の方や、将来企業をしたいと考えているビジネスマンの方は様々な情報収集ツールを活用することをおすすめします。

SNSだけじゃない、リアルな情報収集の場とは?

情報収集として真っ先に思いつくのがSNS。

ツイッターなどで気になる情報を発信している企業や個人をフォローすることで、様々な情報を集める事ができます。

とても簡単に情報が与えられてそれで満足してしまうかもしれません。

ですが、ビジネスマンとして一歩さらに前進するためには、SNSに限らないリアルな情報収集の場に自ら赴く事をおすすめします。

リアルな情報とはどのようなものか、ご紹介します。

ビジネスパーソンの情報収集のコツ

広く浅くではなく、ピンポイントで興味のある分野の収集をするのがベター。

方法としては、自分と同じ分野に関する事に興味をもつ人たちのコミュニティに属する方法です。

具体的に調べたい情報に焦点を当てて収集することを常に意識してみましょう。

SNSやニュースなどは「広く浅く」情報を収集するためのツールです。つまり、ピンポイントで情報を収集するのであれば、リアルなコミュニティによる情報収集が一番なのです。

リアルなコミュニティにはどのように属せばいい?

それでは早速気になるビジネス分野の情報を収集したいけど、リアルなコミュニティとはどう所属すればいいの?

という疑問にぶち当たると思います。

実はリアルなコミュニティに属する方法はとても簡単なんです。

セミナーへ参加する

良質な情報が無料で手に入る事はほとんどないのが現実です。

そのためビジネスの役に立つ情報を得たいのえあれば、ある程度の身銭を切ってでもセミナーなどの参加がベター。

セミナーは様々な分野で執り行われており、そこに集う人達は自分と同じ分野に興味をもつコミュニティです。そこでリアルな情報を得て、人脈も作る事が可能になります。

勉強会への参加

個人が主催している勉強会から、イベント系の勉強会など、インターネットで募集している勉強会に参加します。

これもまたフォーカスされた情報を得る事が出来る情報収集の方法の一つ。

朝活、夜活への参加

朝や夜など、特定のコミュニティが朝活、夜活などの座談会を行っています。同業者や同じ志を持つ人たちとコミュニティを形成する事が可能となります。

 

SNSやインターネットだけの情報に偏り過ぎないことが大切です。

ビジネスパーソンとして、より深い情報を収集するためにはリアルなコミュニティに所属することはとても良いこと。

会社帰りや、休日などのスキマ時間を有効に活用すべく、興味のある分野のコミュニティに是非とも所属してみましょう。